メインイメージ画像

シェアハウスで部屋を借りると多くのコストカットになります

住まいの形態は様々ありますが、シェアハウスは、最近、映画やドラマでも題材にされる事がよくある、若者に熱烈な支持を受けている、話題の物件を借りる手段の一つです。要は、手頃な一戸建ての家や、アパートの個別の部屋を、複数人でそれぞれ分け合うというもので、入居者の選定は、不動産会社が権限を持っているのが大きな特徴です。従って、シェアハウスは、女性でも不審者と部屋が隣同士になる心配もありませんし、一人暮らしする上で、防犯予防の効果も発揮し、シェアする者同士、気が合えば、新しい友人ができる可能性もあります。



さらに、シェアハウスをするメリットとしては、予め、日常の家事や洗濯に必要な電化製品を買い揃える必要がないことで、それらは1階部分の共同スペースに付属されている事がほとんどです。ちなみに、部屋をシェアする者同士で、力を合わす事ができれば、料理や食器の後片付けなどの順番を当番制にできるので、1人1人がこなさないといけない雑務の負担も軽減できます。いわゆる寮生活に似ている部分があるシェアハウスですが、毎月の支払いは単に家賃だけで、難しい礼金や敷金が要らないのも、一人暮らしをしたい人の助けになっているところです。



そして、シェアハウスと若干似ているのが、ルームシェアです。ルームシェアは、自身が先に契約して住んでいる賃貸物件の部屋を、不動産会社の干渉なしで、友人や留学生などに指定の賃料で、自身が貸すシステムになります。ルームシェアの場合は、部屋を契約している当人にとって、気の置けない友人などを自由に住まわす事ができるので、プライベート空間は、シェアハウスよりもあるといえます。